薬とサプリメントは飲み方が違うんです

サプリメントを利用して健康や痩身に生かしている人は多いようです。薬と違う点はサプリメントは毎日飲むことでしょう。医療機関で出される薬を飲むことと、日常的にサプリメントを飲むことは大きく違います。
サプリメントの飲み方にコツはあるてしょうか。ジュースやコーヒーではなく、コップに水を入れてサプリメントを飲むようにすることが大事です。薬とも共通する部分ですが、カフェインを含むものでサプリメントを摂取すると、体内に取り入れたい栄養素の吸収が阻害されてしまいます。
サプリメントを摂取するタイミングは、食前より食後がおすすめです。食べ物と一緒に吸収されるので、格段に吸収率がアップするからです。食後30分以内の摂取がおすすめです。胃に何も入っていない時の食事は、胃袋に負担がかかります。
薬は、飲む時間がまちまちです。薬を飲みながら、サプリメントも摂取したいという人は、それで問題が起きないかを医者に聞いておく必要があります。
サプリメントを摂取することで、血糖値や血圧が変わるようなことがあるかもしれません。薬を飲んでいるという人は、より注意が必要です。栄養摂取に役立つからと、やたらと摂取しすぎないようにしましょう。
飲みすぎたりしないで、正しい用法や用量を守ってサプリメントを使うようにしてください。サプリメントは体の小さな子どもの場合、過剰摂取になったり、喉につまらせたりすることもあるので、6歳以上になってから摂取するようにしましょう。
小さな子供への薬は、医者から処方された薬なら問題はありませんが、サプリメントが親の判断で与えるものなので、用心しなければいけません。