無担保と有担保による事業者ローンについて

担保や保証人がなくても事業者ローンは利用できますが、場合によっては担保が必要になることもあります。無担保でローンを組めることは利点の1つではあるのですが、金利が高く、借り入れ上限額も少額になりがちです。起業や、新たな設備投資のためにまとまった資金が必要な事業者でも、少ない金額しか借りられない状況であれば事業が進みません。大口の融資を受けたい時は、むしろ担保を使って、いい条件で融資を受けることです。融資をする方から見ても、担保があるなら返済不能リスクを低く抑えられます。いざとなったら担保を処分すればいいという前提で大口融資ができます。長期返済に設定することも可能ですので、運転資金を圧迫する心配もありません。有担保の事業者ローンを利用する場合、土地を担保にする場合は抵当権の設定などが必要です。手続きや審査に時間がかかりますので、速やかに資金を調達したいという事業者には合わないかもしれません。また、借りたお金が返しきれなくなった場合は、担保を手放さなくてはなりません。まとまった融資を受けられますが、お金が返せなかった時は大変なことになります。事業者ローンを利用する時に担保を入れると、利点と注意点との両方が発生しますので、よく考えてから利用するといいでしょう。